スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ノルウェー滞在 8/18

kafe.jpg

帰国便の関係で1日おまけとなったオスロの日曜日。
小雨が降っているので、森の中の散歩もできず、
ムンク展を開催中のナショナルギャラリーは長蛇の列。
というわけで、街中のカフェに座り、 
外の椅子に座っている男性の読んでいる新聞を上から眺め…。
男性がいなくなったので私も外へ。

karl j g

ノルウェーは9月に国政選挙を控えています。
カールヨハン通りには各党の選挙小屋が建ち、
人々が訪れ、議論を交わしています。
街の中にも大学にも投票日前の投票ができるように
特別なブースが作られています。

明日で私のノルウェーの夏は終わりです。

スポンサーサイト

2013.08.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | ノルウェーレポート

ノルウェー滞在 8/17

hagen.jpg

朝8時過ぎのバスに乗り、アルネ&カルロスの家へ。
彼らの家を訪ねるのはほぼ1年ぶりです。

カルロスがランチの準備をする間、
アルネと私は庭を見て回りながら、花の話…。ランチ完成!
地元産のマスとサラダのおしゃれなランチをとりながら
来日スケジュールの確認や懸案事項の検討をしました。

食後には愛犬フレイアも一緒に近くの森の中を散歩。
空気はすでに秋の匂い。

jodbaer.jpg

家に戻り、ベランダでティータイム。
ノルウェーの伝統文様に関するインタヴューをし、
夕方のバスでオスロに戻りました。


2013.08.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | ノルウェーレポート

ノルウェー滞在 8/16

blomster_20130817021442b79.jpg

夜行列車でオスロに到着。ホテルに荷物を預け、ノルウェー民族博物館へ。
古いファナ文様のセーターの取材です。
ファナ以外にセルブーSelbu文様やセーテスダールSetesdal文様の
コフタ(カーディガン)も見せてもらい、写真撮影。
ここ数日でノルウェーの伝統文様にかなり詳しくなりました。

ランチは久しぶりにオスロ大学学食で。
今日の定食は蒸したサーモン(または茹でたサーモン)に
甘酢であえたきゅうり、サワークリーム、ポテト。
留学中、本当によく作った夏の味です。

sommer laks

午後からマヨルストゥーアMajorstuaにある毛糸屋さんでインタヴュー。
かつての通学路にあり、当時からお店にはいつもお客さんがいっぱいです。
ここは毛糸の品揃えが抜群で、
オスロにきたら必ず立ち寄る私の好きなお店です。

明日はアルネ&カルロスを訪ねます。
10月の来日も控え、
ディスカッションをすべきことが山積み状態。
準備をして、早くに休むことにします。


2013.08.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | ノルウェーレポート

ノルウェー滞在 8/15

ベルゲンからローカル列車でダーレDaleへ。
ここにノルウェー最大の毛糸、毛糸製品のメーカー・ダーレの本社があります。

毛糸の輸入を始めたのでスタッフの方々への挨拶、
その後、製品について知りたいと、工場見学をお願いしました。
午後は資料を見せてもらい、昨日に続き、ファナ文様の調査。

ダーレは冬季オリンピックやスキーのワールドカップ用の
ノルウェーの公式セーターで知られています。
ソチオリンピック用のセーターはノルウェーの国旗色のセーターです。
襟の内側にノルウェー国旗が編みこまれた、
文様はシンプルですが、なかなか凝ったセーターです。

スタッフの方の車でベルゲンへ送ってもらい、カフェへ。

kompar_20130816142755c5b.jpg

今日は木曜日。木曜日と言えば、コンパルKomparの日。
コンパルは塩蔵の羊肉やベーコンと食べる、ジャガイモボールです。
私が暮らしていた地方ではコンパルと呼ばれていますが、
クムレKumle、ラスペバッルRaspeballというのが一般的。
私の大好物のひとつ!!

そうこうしているうちにカフェの窓下の広場に人が集まり始め、
ベルゲンフィルによる「ペール・ギュント」が始まりました。
筋書きは少し簡略化してあるのですが、
芝居の部分も、演奏の部分も十分に楽しみました。

peer gynt

夜行列車でオスロへ。


2013.08.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | ノルウェーレポート

ノルウェー滞在 8/14

夜行列車でベルゲンに到着。気温9度。
暑いのが大の苦手の私にもかなり涼しく感じられます。

ノルウェーの毛糸メーカー・ダーレDalegarnの方と待ち合わせ、
ベルゲン郊外のファナFanaへ。
ファナはノルウェーで人気のあるファナという、
伝統的な編み物の文様で知られています。
ファナの自然を満喫し、貴重な資料を入手し、取材は終了。

夕方、音楽療法士の友人、彼女のパートナーと一緒に
ベルゲンから北へ車で40分、ラーデイRadøyにある友人の実家へでかけました。
7年ぶりにお訪ねしたのですが、
いつもの様に、お母さんと夕食の支度をし、お父さんと庭を見て回り…。
夕食はフィッシュスープ、デザートはこの季節恒例のリプスRips。
甘酸っぱく、少しほろ苦いリプスの実に
クリームと砂糖をかけて食べる素朴なデザートです。

rips.jpg

夕食後、裏山でリプス摘み。

午後8時、太陽が今日最後の輝きを見せる時間。
まだまだ明るいのに、夜の闇に包まれているのを感じる特別な空気感。
みんなでいるのにひとりでいるような心もち。
この危うさ、儚さが私をとらえて離さない…。
これが私がノルウェーと深くかかわっていたい理由かもしれません。


2013.08.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | ノルウェーレポート

«  | HOME |  »

プロフィール

norcjp

Author:norcjp
Nordic Culture, JAPAN/井上勢津のブログです。ノルウェー政府認定音楽療法士として日本で活動を行う一方、日本とノルウェー両国で数多くの文化プロジェクトに関わっています。日本と北欧をつなぐ情報をお伝えします。
http://www.norcjp.com

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。